2011
1月 25
(火)
本文

七間町青空市

  静岡新聞1月16日、朝刊

 「青空市」で活気呼べ  名店街初開催 地場野菜人気

映画館の移転決定などで商店街から失われつつある活気を取り戻したい-。静岡市葵区の七間町名店街は15日七間町通りで初めて「青空市」を開いた。同区内の農家が直売する野菜や果物が並んだ。(静岡新聞見出しより)

葵区内の瀬名や水見色、新間などの26農家が大根やミカン、味噌などを販売した。生産者によるとスーパーで購入するより5~1割程度安いという。

生産者は「紫大根にはオリーブオイルも合うよ」などと威勢のいい声で客に売り込んだ。卵やこんにゃくに目を留めた同区鷹匠の主婦は「街中で買えてすごくうれしい。また来たい」と大喜びだった。

青空市を発案したのは七間町通りで美容院を営む宮崎正幸さん。「ここ2、3年、街から撤退する店が増えた。今年の秋には静活の映画館が移転する。街に人を呼べるものが減っている」という宮崎さんは「飛騨高山の朝市」を参考に、知り合いの農家の協力を得て実現にこぎ着けた。

青空市は毎月第3土曜、歩行者天国となる午後に定期開催する予定。

問い合わせは宮崎さん<電054(251)5060>へ

 七間町青空市2月は19日(土曜日)13:00~16:00 開催予定

 七間町青空市3月は19日(土曜日)13:00~16:00 開催予定

開催場所は北ワシントンホテル前から映画館、東映前の路上。

七間町では出店を希望される農家の皆様も同時募集しています。お気軽にお問い合わせください。

 

閲覧(5279)