トップページ >  七間町物語 >  大正時代 >  七間町通り
七間町通り 高ヒット
[ 5117hit ]
大正時代の七間町通り

人々は七間町を舞台に、さまざまな思い出を作ってきた。
そんなことから、大正期から静岡県の名所を紹介する「名所絵はがき」にはたびたび登場、
今なお市民の憩いの町として取り上げられている。

上の写真は、七間町三丁目から安立寺方面を見たところ。昭和通りができる前。
通りの左側に金魚屋陶器店、天文、電気館が見える。

下の写真は七間町三丁目。右に電気館、手前の柳の木のところは桜湯。
いすれも大正時代「絵はがき」より。
カテゴリ内ページ移動 ( 39  件):     1 ..  27  28  29  30  31  32  33  .. 39