トップページ >  七間町物語 >  昭和30年代 >  青葉おでん屋台 ひさご
青葉おでん屋台 ひさご 高ヒット
[ 4881hit ]
青葉おでん「ひさご」

戦後、青葉通りに数多く並んだ「青葉おでん屋台」。ひさごもそんな屋台の一軒だった。

終戦後の昭和20年代初頭からリヤカーを改造したおでん屋台が青葉通りに並び始めた。屋台の数は瞬く間に増えてゆき、昭和30年代、青葉おでん屋台の最盛期には、約100軒近くもの屋台が青葉通りで営業していた。
現在の市役所裏から昭和通りまで屋台は二列に並び、最後は道路に平行した四軒が締めくくるように並んでいた。
改造リヤカーから始まったおでん屋台は昭和30年代になるとテントやシートで雨風を凌げる様な仕様に変わっていった。この様な屋台が100軒も並ぶ壮観さに屋台達には「無敵艦隊」という呼称も使われた。
又、これほどの数の屋台がありながら、どの店もほぼ満員という時代でもあった。

写真は青葉おでん屋台最盛期の頃の「ひさご」店内を写した一枚。
昭和30年代の撮影。
カテゴリ内ページ移動 ( 68  件):   前  1  2  3  4  5  6  7  .. 68