トップページ >  七間町物語 >  昭和40年代 >  夜店市で
夜店市で 高ヒット
[ 4974hit ]
津川雅彦長女誘拐事件

昭和49年8月15日午前3時、東京都世田谷区の津川雅彦、朝丘雪路宅二階から長女真由子、当時生後5ヶ月が誘拐され、身代金500万円が要求される。犯人は身代金を第一勧業銀行(現時のみずほ銀行)の偽名口座に振り込むことを要求、津川は警察の指示に従い当日に150万円を指定の口座に振込む。
当時のオンラインシステムから得られる情報では取引の行われた現金自動支払機を特定できなかったため、警察は第一勧業銀行の全店舗に人員を配し、取引発生の度に捜査員が現金自動支払機周辺の顧客を包囲して犯人を捜すという大掛かりな作戦が展開された。
8月16日正午、第一勧業銀行東京駅南口出張所の現金自動支払機から2000円、続いて29万円を引き出されたことをチェックされると、張り込みの刑事が直ちに該当する男性の身柄を確保。男性が所有していた暗証番号とカード番号が一致したことを問い詰めると犯行を自供したため、同日午後5時に逮捕された。
犯人である23歳の男性は、当初、佐川満男、伊東ゆかり夫妻の長女を誘拐する予定だったが、住所がわからなかったため、津川夫妻の長女に変更した。人質は犯人の家である千葉県我孫子市のアパートにおり、同日午後7時過ぎに約41時間ぶりに発見され無事に保護された。
その後の捜査で、犯人は津川の家庭状況や自宅の住所、間取りなどの知識を週刊誌等で得ていたことが判明。裁判では犯人に懲役12年6ヶ月が確定した。
本事件は被害者が有名人の子供という事と、身代金の受け渡しに当時普及したばかりの現金自動支払機を利用したものだったことから世間の注目を集めた。
人質だった長女、真由子は平成10年(1998年)に女優デビューした。

写真は昭和49年8月、ちょうどお盆の時期開催の静岡中央商店街夜店市の様子。
七間町路上での撮影だが、三人の後ろの広告幕には「静岡夏祭り夜店市 お買物は七間町」の染抜き文字が見える。
カテゴリ内ページ移動 ( 35  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 35