トップページ >  七間町物語 >  昭和40年代 >  風車で遊ぶ
風車で遊ぶ 高ヒット
[ 4348hit ]
風車で遊ぶ

昭和40年代終わり頃の七間町の風景。
七間町通りを、走りながら風車を回す二人の子供たち。
子供たちの後、路上に車止めの看板が見える。車両進入禁止日であるので土曜、日曜、祭日等の休日であることが窺える。
通りの遠方に県庁旧庁舎が見えるが、地球ネオンの姿は、もはや見当たらない。

写真右手の電柱看板にタカラ堂の文字が見える。その右下には呉服の成田屋の広告看板も見える。
写真中央の大きな建物には太陽火災海上の看板、その上の看板はヒキノ眼鏡本店の看板である。
その奥、村上開明堂の看板は日陰となり少々見づらい。

左上にはレストラン田園の看板が見える。
「レストラン田園」は正式名称、田園会館。
店内には小川がせせらぎ、熱帯植物がうっそうとしていた。
店の中で食事をしていると、ちょっとした南の楽園でのひと時の気分であった。

七間町の映画街で映画鑑賞、田中屋百貨店の屋上遊園地での各種アトラクション。
そして、その後のレストラン田園での食事は当時の市民にとって定番の人気コースでもあった。
レストラン田園の地は、現在ミスタードーナツの店舗に変わっている。

昭和49年撮影。
カテゴリ内ページ移動 ( 35  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 35