トップページ >  七間町物語 >  昭和40年代 >  兄弟で店の前で
兄弟で店の前で 高ヒット
[ 3185hit ]
仮面ライダー

「仮面ライダー」は昭和46年(1971年)4月3日にテレビ初放映された、東映制作の特撮テレビドラマ作品である。
原作の漫画は石森章太郎の作で少年向け雑誌「週刊ぼくらマガジン」後の「週刊少年マガジン」に連載された。
異型のヒーローである仮面ライダーは悪の組織と闘い、次々と現れる悪の怪人を倒し続けていく。
この後、数多くの仮面ライダーシリーズの連作となっていくこのドラマの第一話はこのようなストーリーであった。

城北大学、生化学研究室きっての秀才、本郷猛はオートレースに備えての練習中、突然襲撃され、捕らえられてしまう。
本郷を捕らえたのは、オートバイに乗った怪しげな女の一団であった。
捕らわれの身となった本郷猛が連れて来られたのは悪の秘密結社ショッカーの基地だった。
1週間に及ぶ手術によって本郷猛は改造人間にされてしまう。
しかし、脳改造が施される前に城北大学教授、緑川博士によって救われショッカー秘密基地を脱走する。
脱走する二人の前にショッカーの改造人間、蜘蛛男が立ちはだかり、二人の行く手を阻む。
罠に落ちた本郷は谷底に転落し、緑川博士は再び捕らえられてしまう。
万事休すと思ったその瞬間、岩場に一体の改造人間の姿が現れる。それは本郷猛が変身した仮面ライダーだった。

写真は自店の前での兄弟を写した一枚。写真上部に「乃だや」の看板が見える

昭和46年撮影。
カテゴリ内ページ移動 ( 35  件):     1 ..  5  6  7  8  9  10  11  .. 35