トップページ >  七間町物語 >  昭和40年代 >  長女 嫁ぐ
長女 嫁ぐ 高ヒット
[ 3262hit ]
長女、伊都子嫁ぐ

七間町、北村屋の自店前から、今まさに新婦が嫁ぐ風景である。
新婦のちょうど上、アーケードから下がるペナントに「あけましておめでとう73」の文字が見える。
1973年の年明けを祝すペナントである。
新春の雨の吉日、うっすら濡れた歩道から雨傘の介錯を受けて、新婦がタクシーに乗車する瞬間である。

当時の七間町では、店舗の上階等にに店主達が居住するのは日常的であった。
職場と生活の場が一緒であり、嫁入りの門出も自店の前からであった。

時代は流れ平成の現代、店主達は静岡市内の住宅地に居を移し、自店には通勤するという生活スタイルに変わった。
静岡の都市人口がドーナツ化し、又、冠婚の為の大型施設が郊外に数多く建設され、現代ではほとんど見られなくなった風景でもある。

昭和48年、新春吉日の撮影。
カテゴリ内ページ移動 ( 35  件):     1 ..  7  8  9  10  11  12  13  .. 35