トップページ >  七間町物語 >  昭和30年代 >  店の祖母
店の祖母 高ヒット
[ 2736hit ]
店番をする父と祖母

この頃は鍋やフライパンなどの台所用品はもちろん、建築金物(ビスや針金など)や鍵、襖の取ってなど金物類を何でも売っていた。
店ではそれらをただゴチャゴチャ並べるだけだった。
(写真原文通り)

七間町「杉山金物店」現在のクチーナ杉山の店内の写真である。

上の写真、店番をする祖母と父。
下の写真、店番をする母。和服が好きな母は店先でも和服を着ていた。

昭和30年代の撮影。
カテゴリ内ページ移動 ( 68  件):     1 ..  26  27  28  29  30  31  32  .. 68