トップページ >  七間町物語 >  昭和30年代 >  戦後の扇子屋
戦後の扇子屋 高ヒット
[ 2971hit ]
戦後の扇子屋(おうぎや)

七間町の中でも、極めて長い店歴を誇る老舗であった扇子屋。七間町札之辻町を代表する店でもあった。
江戸、明治、大正、昭和、平成の各時代を和菓子、洋菓子の製造販売を続け店の扇の商標は又、七間町の歴史でもあった。

終戦直後にはバラックの様な店舗で営業を再開し、ようやく復興を遂げ再建したのが写真の店舗である。
戦前とは違い英語の看板が近代的である。看板にはティパーラーの文字も見える。
歩道にはアーケードも設置され、街の風景が徐々に変っていくのが感じられる。

昭和30年代、扇子屋店舗の全景を写す。
カテゴリ内ページ移動 ( 68  件):     1 ..  37  38  39  40  41  42  43  .. 68