トップページ >  七間町物語 >  昭和30年代 >  第一回旅行預金パンフレット
第一回旅行預金パンフレット 高ヒット
[ 2694hit ]
第一回旅行預金パンフレット

七間町の静清信用金庫が企画した積立預金のパンフレットである。
山陰巡りの旅行資金の貯蓄を目的に毎月の掛金が3200円、34回掛けで総額108800円。

パンフレットには京都、関の五本松、玉造温泉、出雲大社、天の橋立など山陰地方の名所がイラスト入りで紹介されている。

経済白書に「もはや戦後ではない」と記されたのが昭和31年。
その前年の、生活にも余裕が感じられ始めた、昭和30年の撮影である。
カテゴリ内ページ移動 ( 68  件):     1 ..  40  41  42  43  44  45  46  .. 68