トップページ >  七間町物語 >  昭和30年代 >  別雷神社で
別雷神社で 高ヒット
[ 2650hit ]
昭和30年
2月、静岡の秋葉ダム発電所工事現場で爆発事故が発生。死者19人にのぼった。
4月、ラジオ東京テレビ開局、後のTBSである。同月、ボストンマラソンで浜村秀雄が優勝する。
5月、ソ連と東欧がワルシャワ条約調印。
ソ連と東欧諸国が西ドイツの再軍備とNATOへの編入に対抗して結成した軍事同盟。
当時ソ連はアメリカと核開発競争を繰り広げ両国はその照準を互いの国土に向けていた。
ソ連はアメリカを脅威とみなして東欧諸国にアメリカの影響力が及ぶことを嫌い結成した軍事同盟であった。
7月、トニー谷の息子の誘拐事件が発生、翌月には無事解決する。
同月、六全協で日本共産党が武装解除を決める。武装闘争派は新左翼や過激派に分派する。
同じ頃、日本共産党が徳田球一の北京での客死を発表する。徳田は鉄の意志を持った共産主義者であり、中国に亡命していた。
8月、森永砒素ミルク事件が発覚。130名もの乳幼児が死亡した。食の安全性が問われた初の事件であった。
同月、渡米の重光外相がダレス国務長官に安保条約改定を拒否される。日米安全保障条約は日本には未だ不利なままだった。
11月、日米原子力協定が調印される。日本が濃縮ウランの受け入れを決定する出来事だった。
同月、保守合同、自民党が結成される。

写真は別雷神社、燈篭の前で微笑む七間町の子どもたち。
昭和30年撮影。
カテゴリ内ページ移動 ( 68  件):     1 ..  43  44  45  46  47  48  49  .. 68