トップページ >  七間町物語 >  昭和20年代 >  映画館の前で
映画館の前で 高ヒット
[ 3489hit ]
戦後、七間町の映画館前で女性客を写した一枚

タイル張りの映画館のファサードから、戦後に再建された電気館であることが窺える。
上映中の映画「望みなきに非ず」は昭和24年制作の日本映画である。
記録には昭和28年撮影とある通り、昭和25年以降の昭和20年代後半の撮影と思われる。

映画館の入口で着物姿の女性二人と洋服姿の女性二人が写っている。
当時はまだ着物姿の女性も一般的であった。
当時の世相と七間町の街の姿が溶け合った、非常に魅力的な写真である。
カテゴリ内ページ移動 ( 81  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 81