トップページ >  七間町物語 >  昭和20年代 >  エビスヤ新装開店
エビスヤ新装開店 高ヒット
[ 3344hit ]
エビスヤの新装開店

昭和28年7月、エビスヤは店舗を新装した。
終戦直後のバラックから営業を再開し、ゲーリー・クーパーが帽子を被った看板に衣替えをしたのが昭和22年。
それから6年後、昭和28年に三度の改装を重ね店舗はオープンした。
新装の看板は、エビス様のイメージをネオン装飾で表現したものだった。

この新装の2ヵ月後、昭和28年9月、七間町のシンボルとも言える地球ネオンが竣工する。
終戦から8年、七間町は多くのネオン看板が輝く夜目にも美しい街に復興した。

一番目の写真は新装成るエビスヤ、夜のネオンが美しい。
昭和28年7月撮影。

二番目の写真は同じく新装されたアーケード。
本格的なアーケードを店のスタッフと共に撮影した一枚である。
昭和29年、盛夏の撮影と思われる。
カテゴリ内ページ移動 ( 81  件):     1  2  3  4  5  6  7  8  .. 81