トップページ >  七間町物語 >  昭和20年代 >  戦後の札之辻
戦後の札之辻 高ヒット
[ 3753hit ]
昭和20年代撮影の札之辻、現在の静岡伊勢丹前、南側のブロック

一枚目の写真、一番左手の店舗は「東京堂書店」である。
七間町と呉服町の交差点、角地の書店である。現在はガラス張りのブティックになっている。
その右手は「安倍農工直売所」。俗にお茶屋と呼ばれた地元農産物の直売所である。
写真では野菜や果実を販売している様子が見える。
又、お茶は静岡の重要な特産品である。これらを贈答品等に販売している様子も見える。
東京堂書店の右棟の地点と安倍農工直売所の地点が現在のフランセの店舗である。
「安倍農工直売所」の右隣りの店舗が「玉屋小間物店」である。
この地点が現在のビビの店舗である。
最も右側に「くろがねや」の看板が見える。現在のジャックオーシャンスポーツである。

三枚の写真は同じ地点を別々のアングルから写したものである。
又、撮影した時期も同じと推測される。

昭和20年代中頃から後半の、復興から発展への道程を歩み始めた七間町である。

カテゴリ内ページ移動 ( 81  件):     1 ..  4  5  6  7  8  9  10  .. 81