トップページ >  七間町物語 >  昭和20年代 >  戦後の杉山金物店
戦後の杉山金物店 高ヒット
[ 3182hit ]
杉山金物店

七間町三丁目班は後に通り会を結成し「七ぶらシネマ通り発展会」が誕生する。
現在の昭和通りから西側の、静活を中心とした映画街の一画である。
現在、歩道には映画関連のオブジェ等がディスプレーされ独特の景観を保っている。

写真は戦前から七間町三丁目で金物や雑貨等の販売を続ける杉山金物店。
杉山金物店は後に「クチーナ杉山」へと店名を改称する。

昭和20年代後期の撮影と思われる。
カテゴリ内ページ移動 ( 81  件):     1 ..  17  18  19  20  21  22  23  .. 81