トップページ >  七間町物語 >  昭和20年代 >  ういんな
ういんな 高ヒット
[ 3966hit ]
赤いリンゴに 口びるよせて
だまってみている 青い空
リンゴはなんにも いわないけれど
リンゴの気持は よくわかる
リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ

あの娘よい子だ 気立てのよい娘
リンゴによく似た かわいい娘
どなたが言ったか うれしいうわさ
かるいクシャミも とんで出る
リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ

朝のあいさつ 夕べの別れ
いとしいリンゴに ささやけば
言葉は出さずに 小くびをまげて
あすもまたネと 夢見顔
リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ

歌いましょうか リンゴの歌を
二人で歌えば なおたのし
みんなで歌えば なおなおうれし
リンゴの気持を 伝えよか
リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ

りんごの唄、昭和20年発表。


七間町の喫茶店の老舗「ういんな」。主人の白澤良さん若かりし頃。
昭和20年代の前半、盛夏の頃、夫妻で撮影。
カテゴリ内ページ移動 ( 81  件):     1 ..  30  31  32  33  34  35  36  .. 81