トップページ >  七間町物語 >  昭和20年代 >  母と従業員
母と従業員 高ヒット
[ 2973hit ]
昭和27年
1月、韓国が李承晩ラインを設定する。韓国が海上に一方的に設定した軍事境界線である。
この後、日本船の拿捕が相次ぎ、現在も続く竹島問題のルーツともなっている。
2月、富士銀行千住支店でフランス兵らが強盗、占領下の事件で日本側が動けず犯人帰国で大問題化する。
3月、十勝沖地震、死者33名。
4月、NHKラジオドラマ「君の名は」放送開始。社会現象となる。
同月、日米講和条約が発効、GHQは廃止され、ようやく日本は独立する。
5月、白井義男がボクシング世界フライ級で日本人初の王座を獲る。
ようやく日本が独立を果たし、日本人チャンピオンが誕生したことは国民に大きな希望を抱かせた。
6月、大阪の吹田で朝鮮戦争2周年デモ隊が次々に交番を襲撃、吹田駅では銃を乱射し警官隊もこれに応戦、大混乱となる。
7月、羽田空港が米軍から一部返還される。
同月、住民登録が実施される、いわゆるサンカなどの無戸籍者が消える。
将棋では大山康晴が木村義雄を破って将棋名人位を獲得、昭和の大名人の誕生である。
海外ではヘルシンキ五輪が開会、レスリングの石井庄八が金メダルを獲得。
8月、日本独立に伴い原爆写真が解禁、「アサヒグラフ」が初掲載する。
10月、衆院選で共産党が全滅する。同月、保安隊が発足。
11月、池田通産相「中小企業倒産、自殺やむを得ぬ」の大失言。辞任となる。

新築間もない桜湯食堂。女将さんと従業員の、にこやかな一枚。
昭和27年撮影。
カテゴリ内ページ移動 ( 81  件):     1 ..  32  33  34  35  36  37  38  .. 81