トップページ >  七間町物語 >  昭和20年代 >  静商 春の選抜優勝
静商 春の選抜優勝 高ヒット
[ 3678hit ]
静岡商業高校、春の選抜野球で初優勝。

決勝の対戦相手は徳島の鳴門、前年春の覇者であった。。
日野美澄(慶大→中日)らを中心とした強打の渦潮打線が健在、前年の優勝投手・栗橋博(法大)を擁してふたたび頂点を目ざして勝ち上がってきた。
静岡商打線が初回いきなり鳴門・栗橋博から先制点を奪う。3回にも1点を追加、序盤で2対0とリードするが、その後は立ち直った栗橋と田所の投げ合いで互いに点を与えず試合終了。田所は6安打11奪三振の完封勝利。戦前の野口二郎(中京商)、大島信雄(岐阜商)に次ぐ、史上3人目、戦後初の4試合連続完封を達成。見事、静岡商を悲願の初優勝に導いた。静岡県勢では昭和25年の韮山に次ぐ2年ぶり2度目の選抜制覇である。チームメートには2年生・阿井利治(国鉄)、望月教治(専大→熊谷組)、横山昌弘(明大→大昭和製紙→中日)がいた。

昭和27年選抜大会・決勝 (鳴門)栗橋博 (静岡)田所善次郎
鳴_門 000 000 000=0
静岡商 101 000 00X=2

歓喜に沸く静商の学生たち。
写真左手に渡書店の看板がある。おそらく石渡書店の看板と思われる。
現在の七間町、キタムラヤ前の路上での撮影と思われる。
昭和27年撮影。
カテゴリ内ページ移動 ( 81  件):     1 ..  33  34  35  36  37  38  39  .. 81