トップページ >  七間町物語 >  昭和20年代 >  戦後の静清信用金庫
戦後の静清信用金庫 高ヒット
[ 2884hit ]
昭和26年
2月、築地八宝亭殺人事件、東京築地の中華料理店で店主ら4名が惨殺される。犯人は勤務する店員だった。
3月、アジア陸上競技大会開会。
4月、マッカーサーが国連軍最高司令官を解任される。後アメリカに帰国。
同月、統一地方選で自由党が圧勝する。
5月、福岡で米軍機が民家に墜落する、死者11名。
6月、アナタハン島の日本人が全員救出される。
7月、朝鮮戦争の休戦会議が始まる。しかし戦争は断続的に継続し続けた。
9月、対日講和条約が締結。
同月、黒沢明監督の映画「羅生門」がベネチア映画祭グランプリを獲得する。日本映画史に残る快挙である。
10月、ルース台風が襲来、死者は943名にのぼる。同月、日米親善野球が開幕。
同月、民間航空がようやく再開される。日本航空が処女旅客飛行をおこなう。東京、福岡間のフライトだった。

写真は終戦後の静清信用金庫の店舗である、
七間町一丁目にあった、本店である。

昭和26年撮影。
カテゴリ内ページ移動 ( 81  件):     1 ..  36  37  38  39  40  41  42  .. 81