トップページ >  七間町物語 >  昭和10年代 >  卒業式の日
卒業式の日 高ヒット
[ 2877hit ]
昭和17年1月、日本軍マニラを占領、同月、衣料切符制がスタート。
2月には、日本軍シンガポール占領。
3月にはラングーン占領、インドネシアのジャワ島の蘭印軍が日本に無条件降伏。
4月、日本軍、バターン半島占領。アメリカ軍の東京初空襲があったが奇襲であり市民生活は平穏であった。
5月、長崎で大洋丸、米潜水艦に撃沈される。同月、金属回収令公布、寺の鐘なども「出征」される。
同月、与謝野晶子死去。明治37年に発表された「君死にたまふことなかれ」は不滅である。
6月、日本軍ミッドウェー海戦敗北。大本営発表では大勝利となっていた。
8月、第1次ソロモン海戦で日本勝利。
11月、北原白秋死去。
12月、「海ゆかば」国民歌になる。

海行かば 水漬(みづ)く屍(かばね)
山行かば 草生(くさむ)す屍
大君(おおきみ)の
辺(へ)にこそ死なめ
かへりみはせじ

写真は卒業式の日、静岡商業高校の同級生の記念撮影である。
戦時であったが学生の生活は、まだ平穏に見える。
昭和17年撮影。
カテゴリ内ページ移動 ( 61  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 61