トップページ >  七間町物語 >  昭和10年代 >  出征と帰還
出征と帰還 高ヒット
[ 3501hit ]
出征と帰還

日中戦争から太平洋戦争へと戦渦は進む。
昭和16年東條首相が戦陣訓発布したこの年4月には日ソ中立条約が調印された。
欧州ではドイツナチス党のヘス副総理がイギリスに単機飛来、逮捕された年でもある。
その後独ソ戦が始まり7月には日本軍が南部仏印に進駐する。
これを受けアメリカは対日石油輸出禁止を発令しアメリカ、イギリスが大西洋憲章を結ぶ。
同年9月、近衛首相が退陣し10月には東條英機内閣(陸軍)成立。
同年12月、日本はハワイ真珠湾を攻撃、対米英戦争が始まる。

一番目の写真は出征の壮行会の様子である。
七間町一丁目の住民が出席した。飯塚眼鏡店の子息の出征である。
写真中央左手の日の丸の国旗には「武運長久」の文字に寄せ書きがある。
二番目の写真は桜湯、小長谷家の長兄が自店前から出征する記念の写真である。
共に昭和16年撮影。

三番目の写真は戦地からの帰還を祝う宴会の様子である。
両替町「あなごや」において札親会員(札之辻町の親睦会員)が集まり無事帰還を祝った。
写真最前列中央の人物が帰還兵である。
この後から終戦後まで、兵士達は生きて祖国の土を踏むことが次第に困難な時代となっていく。
昭和17年11月撮影。

カテゴリ内ページ移動 ( 61  件):     1 ..  32  33  34  35  36  37  38  .. 61