トップページ >  七間町物語 >  昭和10年代 >  選挙当選
選挙当選 高ヒット
[ 2529hit ]
静岡市議会選挙当選記念写真

昭和12年
昭和12年1月衆院で浜田国松(政友会)が陸軍批判、寺内陸相反発し紛糾し同月、広田首相が退陣する。
2月、林銑十郎内閣(陸軍)成立、政党からの入閣者が皆無となる。
5月、林首相退陣。6月には近衛文麿内閣(貴族院)成立、本格内閣と国民的人気が高まる。
7月、盧溝橋で日中両軍衝突(盧溝橋事件)。
同月、通州で中国保安隊による日本人虐殺事件が発生、200人以上が惨殺された。
8月、海軍陸戦隊、上海で中国軍と交戦、蒋介石が対日戦争へ総動員令を発令。
11月、日本軍は杭州湾へ上陸、南京へ進撃する。
12月、南京陥落、敗兵掃討戦で民間人に多数の死傷者を出す。
同月、日本軍間接統治の中華民国臨時政府が成立する。


選挙事務所のスタッフと当選人、小長谷誠蔵。
七間町、桜湯二階での撮影。
この年昭和12年、桜湯当主の氏は見事静岡市議会選挙で当選を果たした。
当選者の氏名と投票数が掲示されているが、一番右手に氏の獲得票が記されている。
カテゴリ内ページ移動 ( 61  件):     1 ..  36  37  38  39  40  41  42  .. 61