トップページ >  七間町物語 >  大正時代 >  踊り屋台
踊り屋台 高ヒット
[ 3566hit ]
 廿日会祭(はつかえさい)と七間町

 江戸時代から受け継がれてきた静岡浅間神社の伝統行事「廿日会祭」。
 舞を奉納する稚児らを迎えるために山車を引き回す踟(ねり)を七間町は全町挙げて昭和三十七年までやってきた。
 以降は青葉学区のねり、中央商店街のねりとして参加している。

写真は七間町三丁目の踊り屋台。踊り屋台を装飾した牛が牽引している様子が見られる。
屋台の左上手に「あなごや」の看板がある。
踊り屋台が現在の両替町通りから七間町通りにさしかかってきたところを撮影した写真と思われる。

大正時代の撮影であるが、撮影日は不明。
カテゴリ内ページ移動 ( 39  件):     1 ..  13  14  15  16  17  18  19  .. 39