トップページ >  七間町物語 >  昭和30年代 >  静映劇場
静映劇場 高ヒット
[ 3038hit ]
七間町に映画館が立ち並んだのは理由がある。まず、市民が立ち寄りやすい土壌が七間町にあったということ。
古くは安部の市が開かれている。江戸時代には七座設けられ、人々が集まってきた。

昭和二十年六月十九日の静岡大空襲。焦土となって多くの人や物が失われた。
そして昭和二十年八月、敗戦という結末で戦争という未曾有な大災害は終わった。
しかし焦土の中から映画文化は立ち上がっていく。
昭和二十一年、戦渦が去り七間町では映画館の復興は次々と進む。

写真の「静映劇場」は戦後復興期に建設された映画館である。七間町札之辻班にあった。
映画館入口の半円形のドームが特徴の館である。現在のセガワールド及び江戸っ子の地点で興行をしていた。

上映中の映画は「春の若草」「慶安水滸伝」二本立ての上映であるが、この二つの作品は共に昭和29年制作の邦画である。

昭和30年代の撮影。
カテゴリ内ページ移動 ( 68  件):     1 ..  54  55  56  57  58  59  60  .. 68