トップページ >  七間町物語 >  昭和20年代 >  カブキ座
カブキ座 高ヒット
[ 2307hit ]
カブキ座
 
七間町に映画館が立ち並んだのは理由がある。まず、市民が立ち寄りやすい土壌が七間町にあったということ。
古くは安部の市が開かれている。江戸時代には七座設けられ、人々が集まってきた。
 
「歌舞伎座」は電気館と同様に全国各地に見られる映画館の名称だ。
初代「歌舞伎座」は大正十一年に下石町に開館されたが、静岡大火により焼失した。
写真の「カブキ座」は昭和20年代の撮影。戦後に名前を受け継いだ、再建された名門の映画館である。

写真で上映中の映画「石の花」は「モスクワの音楽娘」についで公開されたソ連映画の第二弾であった。
戦後日本における最初の色彩映画である。
原作者であり同時に脚色をI・ケレルと協同で担当したP・パジョフは、ウラル地方の民俗作家として著名である。
また新しい童話作家としても著名であり、スターリング賞けい冠作家の称号をもっている。
その代表作の一つ「石の花」はロシヤ人独特のねばり強さと純真な人間愛をテーマとして描いた作品である。
カテゴリ内ページ移動 ( 81  件):     1 ..  61  62  63  64  65  66  67  .. 81