トップ  >  季節を感じる商店街に

静岡県 都市景観賞最優秀賞
静岡市 市民景観大賞受賞

 今でこそさして珍しいことではありませんが、1970年代初頭、 当時、地方の商店街に自然を取り込んだ街づくりといった概念はほとんどありませんでした。中央の、ちょっと大きな商店街でさえ、日除け程度のアーケードと車歩道の区別ぐらい…。また、商店街を取り巻く環境も、まだ穏やかなものでした。1970年(昭和45年)、日本万国博覧会が大阪で開催され、日本中がお祭りムードの中、各地では公害が問題化。登りつめた経済成長にも陰りが見え始めます。

そんな中、学生を始めとする若い世代を中心に、「自然を見つめ直そう」という気運が高まります。


 ここ、七間町名店街でも当時の青年部のメンバーの間で、これからの商店街構想についての活発な論議が交わされていました。


 「街の中で小鳥のさえずりが聴けないだろうか?」
 「季節の移り変わりが感じられる街がつくれないだろうか?」


 街づくりのテーマは、やはり自然とのコミュニケーション。街路樹の植樹という結論に達するのに、そう時間はかかりませんでした。しかしケヤキとなると賛否両論、特に落葉樹という点が問題になりました。商店街の街路樹といえば、今でさえ常緑樹が主流。敢えて手間のかかるケヤキを選ぶことは、これから永く付き合う街の人々にとって、ちょっと勇気のいることでした。秋になれば枯れ葉となり路面を覆う落ち葉。確かに煩わしく感じること
もあるかもしれませんが、それだけでしょうか? 春に見せるその新緑に、新たな季節の到来を知り、顔をほころばせる日がきっとあるはず。


 「季節が感じられる街…」それは、わたしたちの目指していたもものでした。青年部の、メンバーの熱意は、徐々に商店街の人々の気持ちを動かし、1973年(昭和48年)七間町名店街は静岡の商店街の中で先駆けて、ケヤキの植樹を行いました。1991年(平成3年)に完了した街並整備事業では、その計画にあたってまず街路樹ケヤキとのバランスを考慮し、駐輪場の配置、アーケードの高さなど、細部にわたって検討を重ね現在の景観に至りました。


 

 こうしたハード施設の整備が評価され、翌年には静岡県と静岡市の都市景観最優秀賞を受賞。街並み整備後、新しい青年部の世代が景観にふさわしい演出として、オープンカフェ事業に取り組み、土・日・祭日はケヤキの下でくつろいでいただけるサービスを実施しています。


 30年前とは比較にならないほど、七間町名店街を取り巻く環境も厳しさを増していますが、いつまでも新鮮で魅力的な街としてあり続けたいと願っています。

 街づくり委員会 久保耕介

プリンタ用画面
前
七間町と名店街
カテゴリートップ
七間町名店街について
次
映画館のある街