今川期、七間町のあたりは「今宿」と称して、商工業者が集まっていました。七間町には特権を与えられた七つの座があったことから「七軒町」と呼ばれるようになりました。
 徳川の時代になると大きな商家が立ち並び、東海道に沿った駿府随一の繁華街として町民や街道を行き交う人々で賑わいました。その様子は、東へ西へと旅する人たちが日記や紀行文などに七間町を書き記しています。
 明治になって日本が近代国家として産業振興を図るようになると、静岡市は地場産業である茶や下駄、漆器を盛んにし、県外や外国に販売の道を開きました。
 
七間町周辺(昭和30年頃)
 
 七間町やその周辺の町にはそれらを商う店や人が会合する店などが多くでき、飛躍的な発展を遂げます。
 大正・昭和と商店街としての町並みが整い、特に昭和三年、鈴蘭灯ができるに及んで買い物や憩う人々が通りを歩く「七ぶら」が注目を集めました。しかし、静岡大火、静岡大空襲によってすべてが灰塵と化し、復興を成し遂げるのはアーケードが完成し、人々に親
しまれた地球ネオンが誕生した昭和三十年頃でした。
 昭和50年、街路樹を植えた「季節の感じる町」七間町は、全国的に注目されました。そしてアーケード大改修は、景観大賞受賞という輝かしい名誉をいただき
 ました。

 この間、「七間町名店街」が誕生しさまざまな商店街活動が実施できるようになったことを挙げなければなりません。

 七間町名店街創立(昭和48年)